1/75 鹿苑寺 金閣 ゴールド仕様

4560134352742

41,800円(税込)

完成サイズ
製作参考時間
購入数

室町時代の三代将軍 足利義満が京都北山に1397年、別荘として造営したのが金閣のある鹿苑寺である。
広大な庭園には多くの木々や回遊式の池を配し、そのほとりに外壁面を金箔ではりめぐらした豪華絢爛な建物が金閣とよばれている。この金閣は三層からなり、最上階層を禅宗様仏殿の形式として仏像を安置し下層を住宅風に造られている。このような上層にのぼって上から眺望するための楼閣建築は禅宗寺院の方丈に建てられた上閣や三門がその原形といわれている。現在の金閣は1955年に再建されたもの。

キットの特徴
本キットは、眩いばかりの金箔を施した金閣を模型で手軽に再現すべく、レーザー加工のできる金箔状シールを採用。このシールは厚さ約0.1个瞭端譴淵廛薀好船奪の上に金メッキ(蒸着)が施された正に金箔状シールで、これにレーザーで彫刻を入れることにより鮮明な彫刻線が浮き出ます。
全面的に改良を施した新発売の1/75金閣(ゴールド仕様)は、主な改良点として屋根構造をレーザー加工によるフレーム方式に変更。どなたにも組立てやすく、美しい屋根形状が再現できます。また、組立説明書は全頁カラーで大変見やすくなりました。※水面シートはキットには含まれておりません。
WEB作品展